フィリピン暮らしナビ フィリピンへの移住について、魅力や生活スタイルを紹介する情報サイト。
  • 交通

    マニラの交通手段は、鉄道やバス、タクシーのような一般的な交通もあれば、日本では見かけないような少し変わった交通手段もあります。特にフィリピンで暮らす場合は、交通手段は必須と言えるでしょうから、滞在前にじっくりと確認しておきたいところです。

    鉄道

    まず鉄道に関してですが、フィリピンを南北に結ぶ国鉄が最も主要な鉄道となっています。北はサンフェルナンド、南はレガスピまで結び、もちろん首都であるマニラにも停車します。旅行や観光としてはやや不便な面もありますが、通勤手段や都市部への移動としては申し分ない交通手段だと言えます。また、首都のマニラでは都市鉄道も運行されています。

    バス

    次にバスに関してですが、首都のマニラを循環するバスの他に、長距離移動のバスも運行されています。こちらも、循環バスは通勤や生活手段として利用されることもありますが、長距離バスに関しては観光に利用されることが多いです。

    タクシー

    タクシーに関しては、フィリピンでもメーター制となっています。初乗り料金は、30ペソから40ペソが一般的です。その後は250メートルごとに2ペソずつ加算されるのが主流です。ただ、中には高額な料金を請求するドライバーもいるので、できるだけ都市部や空港などのタクシーを利用したいところです。また、あらかじめ行き先を運転手に告げて、料金の交渉をすることもできます。

    そしてフィリピンの場合は、運転手付きのレンタカーも多く利用されています。フィリピン国内では事故の発生率も高く、自分で車を運転するのはリスクも高いので、レンタカーを利用する人も多いのです。

    ジープニー

    フィリピン独特の交通手段として、ジープニーが存在します。ジープニーは、10人ほどが乗車できる相乗りのタクシーです。バスと違い、好きな場所で下車をすることができます。普通のタクシーに比べると遥かに料金も安いですし、バスよりも利便性が高いことから、フィリピン国内では多くの人が活用しています。

    その他の乗り物

    他に、馬に馬車を走らせるカレツサもあります。ただし、この乗り物は観光用です。また、トライシクルという、オートバイに3~4人程度が乗れる座席を設置した乗り物もあります。こちらは、ジープニーほどではありませんが、郊外を中心に多くの人に利用されています。

サイトマップ