フィリピン暮らしナビ フィリピンへの移住について、魅力や生活スタイルを紹介する情報サイト。
  • 歴史

    フィリピンに滞在をする前に、フィリピンに関する歴史を簡単にでも知っておいた方が、仕事や生活でも役立つ部分があるかもしれません。今回は、そんなフィリピンの歴史について簡単にご紹介いたします。

    フィリピンでの人類の歴史は、約2万5000年前から始まりました。この頃はまだアジア大陸の一部でしたが、紀元前の1万年を迎えた頃に大陸から分離をしました。それと同時に原始マレーが移住し、その後古マレー、新マレーが移住し、このマレー系民族が今のフィリピン人の祖となったのです。

    フィリピンは東南アジアと東アジアのちょうど中間地点ということもあり、交易が非常に盛んな状態でした。この頃から、イスラム教徒が渡米するようになり、マニラを始めイスラムの町へと進展していきました。

    スペインの植民地化へ

    時は流れて1521年、フィリピンはスペインの植民地化とされてしまいました。マゼランが来航から始まり、この頃から19世紀の終わりまでスペインの支配下に置かれたのです。ただ、フィリピンも植民地化に抵抗すべく、幾度となく反乱を起こしましたが、いずれも容易に制圧されてしまったのです。

    フィリピン独立へ

    そして19世紀の末、フィリピン国民の英雄である「ホセ・リサール」によって本格的な独立運動が行われました。また、アメリカが近い将来スペインに変わってフィリピンを植民地化しようと考えていたので、アメリカからの支援もあり、1898年にスペインから独立宣言を成し遂げたのです。

    アメリカの植民地化へ

    しかし、先ほども述べたように、あくまでもアメリカはフィリピンを植民地化するために支援をしただけでした。スペインから独立したフィリピンでしたが、すぐにアメリカの植民地化となってしまいました。フィリピンも抵抗すべく米比戦争を起こしましたが、成す術なく鎮圧されてしまいました。

    フィリピン再独立へ

    そして第二次世界大戦後に、フィリピンはアメリカからの再独立を果たしました。元々戦前に独立の協約がされていたため、1946年にフィリピンにとっては、本当の意味での独立国家となったのです。しかし独立国家になってからも、ゲリラによる戦争、マルコス独裁、アジア通貨危機といくつもの困難に直面しました。しかしアジア通貨危機に関しては、他のアジア諸国と異なり比較的早い段階で経済回復を成し遂げたので、IMFの管理下に置かれることはありませんでした。

サイトマップ