フィリピン暮らしナビ フィリピンへの移住について、魅力や生活スタイルを紹介する情報サイト。
  • 仕事

    フィリピンには、日系企業が非常に多く、日本人のほとんどが日系企業で働いています。主な職種としては、サービス業(特に観光案内やホテル業務)、エンジニア・プログラマー、翻訳・通訳、営業・経理などの仕事が、特に供給が多いので日常的に募集されています。

    日本国内で採用されることもありますが、基本的は現地採用となります。現地採用はコストの大幅な削減となるため、これはフィリピンだけでなくどの諸外国でも現地採用が原則となっています。そのため、日本での社会保険などは一切適用されないので注意が必要です。しかし、その分フィリピン国内での社会保障は充実しているため、安心して仕事に取り組むことができます。

    率先力が求められる

    フィリピンは発展途上国ということもあり、どうしても即戦力を優先して採用します。経理業務やソフトウェア開発の経験者であったり、特定の分野に関しては深い専門知識を持っている方が、採用はされやすいと言えます。ただ、最近では新卒採用や未経験者の採用も積極的に行う企業が増えています。そのため、コミュニケーション能力であったり、仕事に対する熱意があれば、経験やスキルがなくても採用してもらえる可能性は十分あります。

    語学力が重要

    さて、フィリピンで働く上で欠かせないのが語学力です。フィリピンの企業で働く場合は、基本的には英語のスキルが必要とされます。フィリピン語に関しては、もちろん話せるに越したことはありませんが、フィリピン語が全く分からなくても英語のスキルがあれば問題ありません。目安としては、TOEICは650点以上、そして業務に支障がない程度の英会話力が求められます。

    雇用形態と福利厚生

    雇用形態に関しては、正社員としての雇用が一般的ですが、契約社員として雇用されるケースも多々あります。契約社員の場合は、基本的には6ヶ月間試用期間となり、その後正式な契約社員として契約を結ぶか、あるいは試用期間が過ぎれば正社員として契約してもらえる可能性もあります。

    その他給与や福利厚生に関してですが、給与はフィリピン国内の大学初任給が約8000~1万ペソとなっているのに対し、日本人の給与に関しては5万~10万ペソが一般的です。もちろん職種によっても異なりますし、本人のスキルや経験によっても違ってきます。福利厚生は、保険に関しては充実していますが、住居手当などに関しては企業によって待遇も大きく異なります。

    さて、フィリピンで就職をするのであれば、本格的に就職活動を行う前に、実際にフィリピンに訪れて現地の雰囲気であったり、文化や経済について知るのがいいでしょう。短期滞在をしてもいいでしょうし、旅行がてらに訪れるのもいいでしょうし、とにかく現地に訪れることで分かることもたくさんあるのです。

サイトマップ