フィリピン暮らしナビ フィリピンへの移住について、魅力や生活スタイルを紹介する情報サイト。
  • 食文化

    主食はお米

    フィリピンの食文化に関してですが、日本との共通点も多く、一方で日本とは異なる食文化も存在します。例えば、フィリピンの場合も日本と同じように、主食はお米となっています。日本に比べるとお米を炊くときは水は少なめですが、ほぼ毎日のようにお米を食べるのです。

    また、パン類や麺類もフィリピンでは好んで食べられるのですが、こちらは昼食や夕食などではあまり食べられず、おやつやちょっとした軽食の時に食べられる時が多いです。おかずに関しては、肉類と野菜、そして魚がメインとなっているため、この点は日本と同じだと言えます。

    食材購入は露店

    フィリピンでは、もちろん都市部ではスーパーのようなお店もあるのですが、一般的には露店が並んでいる市場で購入することになります。肉、野菜、魚と市場に様々な食材が並んでおり、その中から食材を選んで買い物をするわけです。また、フィリピンでは祝い事のある日には、必ずと言っていいほど「レチョン」という、豚を丸焼きにした肉を食べます。レチョンに関しても、露店にズッシリと置かれているので、迫力満点の光景だと言えます。

    果物も人気

    そしてフィリピンでは、果物も非常に盛んであり、ほとんどの人がご飯を食べた後に果物を食べます。露店にも、野菜に匹敵するぐらい大量の果物が売られているのです。そんな中でも、フィリピンンのバナナは非常に人気があり、おやつとして食べるだけでなく、バナナを丸ごと揚げて食べたり、サラダにして食べたりするなど、色々な食べ方があるのです。

    外食産業について

    都市部だけに限らず、色んなところでフィリピン料理のお店が経営されています。そのため、旅行で来た人だけでなく、フィリピンに滞在中の人でも、色んなフィリピン料理を楽しむことができるので、利用してみることをオススメします。ただ、大衆の食堂や屋台に関しては、正直衛生状況が良いとは言えないので、ある程度設備の整ったレストランを利用するのがいいでしょう。

    日本と異なる食文化も多いですが、味付けや調理方法に関しても、比較的日本に近い感じで作られているので、初めてフィリピンに来た人でも問題なく食べられるでしょうし、フィリピンに滞在する人に関しても、食文化で悩まされることはほとんどないと思います。

サイトマップ