フィリピン暮らしナビ フィリピンへの移住について、魅力や生活スタイルを紹介する情報サイト。
  • 宗教

    ほとんどがキリスト教

    フィリピンの宗教は、東南アジアでは唯一となるキリスト教を信仰しています。一部の地域ではイスラム教を信仰していますが、国民全体の90%以上はキリシタンです。スペインの植民地時代にキリスト教が広まったのがきっかけとなり、今でもほとんどの人がローマカトリックの信者となっているのです。南部のみ、イスラム教が広まっているのですが、これはスペインが植民地化する前から、すでにイスラム教が広まっていたため、スペイン植民地後もカトリックは普及しなかったのです。

    フィリピン国内には、至るところにキリスト教徒を感じさせる物があります。例えば、大型ショッピング施設内にキリスト教徒の教会があったり、都市部でも月に1回はミサの儀式を欠かさなかったり、9月からすでにクリスマスのイルミネーションが灯されたりするのです。個人に関しても、毎日キリシタンへの祈りを欠かさず行ったり、部屋にはキリスト教徒の神様のポスターを張ったり、クリスマスのイベントは仕事よりも優先したりするなど、非常に熱心にキリスト教徒を信仰しているのです。

    気をつけること

    日本人の場合は、どの宗教も信仰していない無宗教の人も多いです。そのため、フィリピンに住み始めると、宗教の価値観の違いに戸惑う人も多いかと思います。特にフィリピン人から、「どの宗教を信仰しているんですか?」、「あなたにとっての神は誰ですか?」と聞かれることも多いです。もしこのように聞かれた場合は、もし無宗教だったとしても、ハッキリと「神は信じていません」と答えてしまうと、相手を不快な気分にさせてしまう可能性が高いのです。自分は無宗教ではあっても、相手は神を信じているということを素直に素晴らしいことだと思ってあげましょう。

    もちろん、フィリピンに住み始めたからと言って、無理にキリスト教を信仰する必要は全くありません。フィリピンでは、決して宗教が強制されているわけではありませんから、無宗教であること自体は全く問題はありません。

サイトマップ