フィリピン暮らしナビ フィリピンへの移住について、魅力や生活スタイルを紹介する情報サイト。
  • ワーキングホリデー制度

    制度について

    ワーキングホリデー制度は、海外に最大で1年間暮らすことができる制度です。現時点では、7カ国でワーキングホリデーを行うことができます。ワーキングホリデーを行うのに、特に厳しい条件やスキルなどは求められず、全く語学ができない人であっても問題ありません。ただし、30歳までという年齢制限があり、一度きりしかこの制度を利用することができません。ですから、じっくりと考え計画を立てた上で利用するかどうかを決めましょう。

    さまざまな目的

    ワーキングホリデーの場合は、語学留学とは異なり、何をするかは全て自分で決めます。語学を学ぶ、文化に触れる、色んな地域を旅する、ボランティア活動を行うなど、色んな目的があります。もちろん住む場所も自分で決める必要があり、ホームステイをさせてもらうのか、シェアハウスを利用するのか、それも自分で決めないといけないのです。

    また、ワーキングホリデーであれば、就労ビザを取得しなくても働いてお金を稼ぐことができます。そのため、ワーキングホリデーを活用して海外で働いて、そのまま現地で就職をする人も多いです。ただし、就学と労働に関しては、ある程度制限をされます。就学に関しては、韓国では3ヶ月、カナダでは半年までと制限されています。労働に関しても、カナダとフランス以外では日数に制限があります。

    目的を決める

    さて、ワークキングホリデーを行う上で、どのような準備が必要なのでしょうか?まずは、ワーキングホリデーをする目的を決めなければなりません。もちろん、決して明確な目的がなくてもいいですし、現地に出向いてから初めて気づくこともあります。ただ、ある程度「こういうことをやってみたい」、「こんなことに挑戦してみたい」という目的がなければ、現地に出向いても無駄な時間を過ごしかねません。

    手軽に調べられる方法としてインターネットが挙げられます。このようなサイトではワーキングホリデーについて必要な知識がある程度得ることができますので、参考にするとよいでしょう。
    >>ワーキングホリデー|Last Resort

    資金を準備する

    言うまでもなくワーキングホリデーは自費で行うわけですから、それなりの費用が必要となります。たとえ現地で働く場合であっても、ある程度の資金は準備しておきましょう。あとは、語学学校に通うのであれば学校選び、どのような方法で宿泊をするのか、もちろんパスポートや航空券も用意しなければなりません。

    しかし、どうしても自分だけではワーキングホリデーのプランや目的が決められなかったり、色々と不安な部分もあるかと思いますい。そんな時は、ワーキングホリデー協会を活用しましょう。ワーキングホリデーに関するセミナーを開催したり、個人相談やカウンセリングも行ってくれるので、積極的に活用してみましょう。

サイトマップ