フィリピン暮らしナビ フィリピンへの移住について、魅力や生活スタイルを紹介する情報サイト。
  • 海外移住のために

    海外移住をするためには、当然手続きや準備が必要となりますし、様々な書類の提出も必要となります。1つでも欠けてしまうと、重大な障害を引き起こしてしまいかねないので、入念なチェックと下調べが必要となります。

    ビザ・航空券

    海外に移住するためにはビザの取得が必須条件となりますのでしっかり知識を持っておかなければなりません。
    まず、海外で暮らすためにはビザが必要不可欠です。特に海外で就労する場合は、就労ビザを取得する必要がありますが、就労ビザの取得は結構複雑ですし、必ず取得できるとも限らないので、しっかりと取得方法を調べた上で、専門家にも相談するようにしましょう。また、航空券の手配も必要になりますが、インターネットで手配をするのか、直接航空会社で手配するのか、いずれにしても早い段階で手配をしておくようにしましょう。

    引越し

    海外で永住をする場合は、自分の住んでいる家や所持している車を売却する必要があります。そして、荷物を現地に運ぶには引越し業者に依頼しなければいけません。海外への引越しとなると、料金もかかりますし、荷物の運搬にも時間がかかるので注意しておきましょう。費用はかさみますが海外への引っ越しを専門としている業者に依頼することをお勧めします。また、もし日本にいずれ帰国する場合でも、長期間海外に滞在するのであれば、車検を切ってもらい、自宅のガスや水道の停止もお願いしましょう。

    年金・保険

    気になる年金や保険についてですが、日本でまずしっかりと書類提出を行い手続きを済ませることが大切です。
    年金を海外で受け取るのであれば、海外転出届けを提出しておく必要があります。また、届け出を提出すると国民健康保険が失効してしまうので、必ず海外の保険に加入しましょう。特に保険に関しては、現地に到着してすぐに何かあったことを考えて、移住前に加入しておくのが無難です。

    不動産関連

    他に必要な書類や手続きとしては、3ヶ月以上の海外滞在には在留届を提出する必要があります。

    車・免許

    海外で車を運転するのであれば、国際免許証の取得は必須です。特に注意しなければならないのが、就労ビザを始めとして、国によって手続きの方法が大きく異なるケースもあるため、必ず自分の移住先の手続き方法を確認するようにしましょう。

    海外移住の手続きを怠ってしまうと、本来払わなくても良いお金を払うことになってしまったり、やむを得ず一時帰国を余儀なくされたり、最悪の場合は国外追放となってしまう可能性もゼロではないのです。そうならないためにも、手続きや準備に関しては万全を期すようにしましょう。