フィリピン暮らしナビ フィリピンへの移住について、魅力や生活スタイルを紹介する情報サイト。
  • 引越し

    日本国内と海外への引越しの違い

    日本国内での引越しと、日本国内から海外への引越しは、大きく性質は異なります。海外へ引っ越す場合も、当然引越し業者に依頼をすることになります。しかし、荷物を業者に預けて、そこから現地に運ばれるまで、かなりの時間を要する場合もあるのです。どれだけ早くても半月、普通は1ヶ月から1ヶ月半程度はかかると思った方がいいでしょう。

    なぜ荷物を運ぶのにそれだけの時間がかかるのかと言いますと、まず運搬手続きだけでもかなりの時間を要します。運搬不可の荷物がないかどうか、どのような方法で運搬するのか、どの便で運搬をするかなど、様々な手続きが必要となるのです。もちろん、海外へ到着してからも、現地の業者に運搬をしてもらう必要があり、その業者とのやり取りも必要となります。どうしてもすぐに運搬して欲しい物があれば、航空便で送るようにしましょう。それなら、10日から2週間程度で運んでもらうことができます。

    引越し業者の選び方

    引越し業者の選び方ですが、日本と海外の両方の引越しに対応している業者も多いですが、できれば海外専門の業者に依頼した方が、より確実かと思われます。料金はやや高い傾向にありますが、海外での引越しには熟知していますから、安心して運搬を任せることができます。引越しにかかる料金に関しては、もちろん業者や荷物の量によっても異なるので一概には言えませんが、20万から30万はかかると思った方がいいでしょう。

    注意点

    引越しをする際の注意点ですが、荷物はなるべく最小限にまとめておきましょう。当然荷物の量が多いほど料金は高くなりますし、現地への到着が遅くなってしまう可能性もあります。また、電化製品を現地に持って行く場合は、電圧が異なり使用できない可能性もあるので、変圧器が使用できるかどうかなど事前に調べておくようにしましょう。また、食料品に関しては、国によっては大きく規制をされるところもあるので、持ち込み可能な食料品もチェックしておきましょう。

    海外の引っ越し会社や方法について専門的に扱っているウェブサイトがあります。このようなサイトも参考にして海外への移住の移住をスムーズに行えるように知識や情報を手に入れるようにしておくことが大切です。
    >>海外への引っ越し|エコノムーブジャパン

    荷物の運搬はもちろんですが、役所への手続き、水道やガスの停止手続き、住宅や車を売却するかどうかなど、海外へ引っ越す前に全て手続きを済ませておくようにしましょう。手続きをしないまま海外へ移住してしまうと、面倒なことになってしまったり、余計なお金を払わなければいけなくなったりするので、1つ1つしっかりと確認するようにしましょう。