フィリピン暮らしナビ フィリピンへの移住について、魅力や生活スタイルを紹介する情報サイト。
  • 車・免許

    海外へ移住してからも、車を積極的に利用する人は多いと思います。むしろ、移住先によっては車が必須であるケースも少なくありません。今回は、海外における車と免許の基礎知識についてご説明致します。

    車を現地に持ち込む場合

    まず車に関してですが、もちろん現地で購入する方法もありますが、自家用車を海外へ持ち込む方法もあります。もちろん、車を持ち込むとなると、様々な手続きが必要となりますし、費用に関しても決して安いとは言えません。ただ、現地で車を購入するよりも遥かに安く済むケースも多いのです。

    特に発展途上国の場合は、車の値段そのものも高いですから、持ち込んだ方が安く済むことがほとんどです。ただ、一部の途上国では、車の持ち込み自体が禁止されていたり、高い税金を課せられてしまう可能性もあります。一方で先進国の場合は、車の値段もそこまで高くないですし、手続きの煩わしさを考えると、そこまで車を持ち込むメリットは少ないかもしれません。それでも、現地で購入するよりも大幅に安くなるようであれば、持ち込んでもいいかもしれません。

    車を現地に持ち込まない場合

    一方で、車は持ち込まずに売却をする場合ですが、必ず海外へ移住する前に全て手続きを済ませておくようにしましょう。そうしないと、税金を滞納してしまう可能性もあるので、移住前に売却を済ませておくことが理想的です。もし売約をせずに日本へ残しておく場合は、一時抹消の手続きを取り、車検を切っておくようにしましょう。

    国際免許証について

    さて、海外で車を運転する上で問題となるのが免許です。海外で車の運転をするためには、国際免許証が必要となります。すでに日本の普通車免許を取得しているのであれば、簡単な手続きを行えば取得することができます。また、一部の国や地域によっては、日本の免許証があれば運転できる場合もありますが、いずれにしても国際免許証を取得しておくのが無難でしょう。

    国際免許証で注意すべき点として、国際免許証は身分証明書としては使用できません。そのため、必ず別に身分を証明できる物を携帯しておきましょう。また、国際免許証の期限は1年ですが、期限が切れた場合は更新をするのではなく新規で取得することになります。なお、海外に移住しても車の運転をする予定がないのであれば、無理に取得をする必要はありません。身分証明書になりませんし、1年ごとに更新しなければいけないので、車を運転しないのであれば必ずしも必須というわけではありません。