フィリピン暮らしナビ フィリピンへの移住について、魅力や生活スタイルを紹介する情報サイト。
  • 社会福祉

    フィリピンに長く在住する場合や、あるいは永住をするつもりなのであれば、社会福祉は欠かすことはできません。フィリピンの社会福祉制度は、どれぐらい充実しているのでしょうか?

    医療

    まず医療に関してですが、これは地域によってかなり大きな差があります。首都のマニラであったりセブに関しては、医療機関や医療設備も先進国に匹敵するぐらい充実しています。しかし、それ以外の地方や郊外になると、どうしても医療が充実しているとは言い難いです。衛生面でも問題があるため、少し重い病気の場合は都市部の医療機関まで足を運ばなければなりません。もし通院が必要な病気にかかった時は、よほど遠い場合を除いては、都市部の病院に通うのがいいでしょう。

    病院

    病院に関しては、国立病院と私立病院がメインで、公立病院もいくつかあります。国立病院の方が治療費は安いですが、医療設備などは断然私立病院の方が充実しています。特にフィリピンに在住している日本人のほとんどは、私立病院を利用しているのです。ただ、私立病院は治療費が非常に高額なので、保険への加入は必須だと言えます。特に、フィリピンの環境に慣れることができず、フィリピンに滞在し始めてすぐに入院する人も多いです。そのため、できればフィリピンに滞在する前から保険に加入することをオススメします。

    病気

    フィリピンに滞在していると、日本ではあまりお目にかかれない病気にかかってしまうこともあります。特にコレラであったりマラリアのような病気は、フィリピン独特の病気とも言えるので、少しでも体調に異変があれば、すぐに病院へ行くようにしましょう。また、フィリピンの場合は救急車を要請しても、なかなか来てくれないことも多いです。病院までタクシーで30分以内の距離であれば、タクシーを利用した方がいいでしょう。

    介護

    次に、介護に関してフィリピンの現状ですが、正直充実しているとは言い難いです。そもそも、フィリピンの場合は介護という概念自体を持っていない人も多いのです。最後まで家族で面倒を見るというスタンスの家庭が多く、よほどの事情がない限り、介護施設に預けるようなこともしないのです。そのため、介護制度自体もまだまだ発展途上の状態なのです。ただ、昔に比べれば介護施設や介護スタッフの数も増えまたし、発展途上ではありつつも、しっかりとした介護サービスを提供してくれます。