フィリピン暮らしナビ フィリピンへの移住について、魅力や生活スタイルを紹介する情報サイト。
  • 気候

    亜熱帯性気候

    フィリピンの気候に関してですが、基本的には熱帯性気候であり、1年を通じて暖かい日が続きます。平均気温は26度から27度程度となっており、6月から11月が雨期、12月から5月が乾期となっています。ただ、地域によって気候は異なるため、一概に全ての地域にこれが当てはまるとは限りません。

    首都のマニラに関しては、基本的には上記のような気候となっており、7月と8月は東京の平均降水量の倍以上の降水量となります。ただ、毎日のように雨が降るわけではなく、スコールのような大雨が定期的に降ります。また、雨期のシーズンには台風が頻繁に上陸することがあるため、特に8月から11月にかけては台風に注意が必要です。

    一方でウブの場合は、マニラに比べると雨期の季節でもあまり雨が多く降ることはありません。一方で、乾期の季節でも定期的に雨が降るので、ウブに関しては雨期も乾期もあまり関係ないと言えます。他に、サマールに関しては、ウブとは逆に乾期と呼べるような季節はなく、年間を通じて雨が降ります。

    気温に関しては、標高地帯を除けばどの地域もほとんど違いはありません。どの季節であっても、夏の東京の平均気温を上回るぐらいの気温となります。したがって、現地では1年中半袖で暮らすことができます。ただ、標高の高い地域の場合は、平均気温が10度を下回る時期もあるので、滞在する地域の平均気温はしっかりとチェックしておきしょう。

    台風に注意

    台風に関しては、地域によって被害を受けやすい場所もあれば、あまり被害を受けないような場所もあります。ただ、いずれにしても多くの台風はフィリピン付近で発生したり、フィリピンを経由することが多いため、どこに住んでいる場合でも、台風に対する危機管理と対策はしっかりと行うべきでしょう。近年や最近でも台風で大きな被害を受けることもありますので、シーズンにはより一層の注意を払う必要があります。

    フィリピンで暮らす上での気候に関する注意点をまとめますと、「1年中暑いので熱中症対策などはしっかりと行う」、「地域によっては頻繁にスコールが発生するため洪水や浸水に注意する」、「台風対策はどこの地域に住んでいても怠らないようにする」、以上の注意点をしっかりと意識するようにしましょう。特に、農業のような気候に大きく関わるような仕事をしている場合は、なおのこと注意しなければなりません。